スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロッド修理

GW前半は半分仕事で残りは家でゴロゴロ(・д・)

修理屋に出すか?気が向いたら自分で治すか?でズーッと放置していたスミスの68TXを何となく修理してみました(・ω・)




まぁ見事にポッキリ折れてるので、先ずは断面をキレイにしましょう





だいたいこんな感じに





コッチ側は欠損部分を残して平らにしました
本当は欠損部分も削り落とさないとダメだと思うんですが、今回は試しにやってみます(^_^)ノ





次は繋ぎの制作です

この繋ぎは印籠繋ぎの竿と同様に本来はソリッドカーボンを使うのが正しいやり方なんでしょうが、手持ちのソリッドカーボンが無かったので(・д・)
沢山持ってる(笑)カーボンパイプから切り出します






だいたいいい感じに出来ました






またまたカーボンパイプです

先ほど切り出したインナーパイプの中に更にインナーパイプを入れてソリッドみたいにします






はみ出したパイプは長さを揃えてカット

因みに外側のパイプの元は天龍のシェスタ、内側は同じく天龍のスーペリアだったりします(・ω・)






マスキングテープが巻いてある辺りが繋ぎ目になります







後はエポキシの接着剤で






欠損部分も良く密着するようにテープで抑えてみます


取り敢えずはココまで~(^_^)ノ
繋ぎ目の段差と欠損部分の穴を埋める方法と補給を考えます(笑)
スポンサーサイト
[ 2012/04/30 20:20 ] 釣具 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。